読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイパーモラトリアム

日々をだいじに

おはよう。

書きたいことがたくさんあるのに忘れていくのはとても勿体ないことだ。常日頃考えていることの最適な吐口はどこかと問われれば、ブログを答えるのが一番素直ではなかろうか。ツイッタでいいじゃねえかと思われる方もいるだろう。振り返ると僕のツイッタスタイルは思考過程を雑に投げるような感じだった。僕はあの140文字単位を何ポストも使って語るのに向いてないので、結局考える種を投げ捨てて終わってしまっていたと思う。それに今僕はそういうのよりも、推敲しながら文章を書くブログスタイルに魅力を感じている。

そういうわけで、僕は新しくブログを始めることにする。

始めるからには、なぜブログをやるのか理由をはっきりさせておかなければならない。なぜなら僕がそういうことをとても気にする人間だからだ。それ以上は踏み込まないことにする。ダメージを伴う作業であることが予想されるわけだから、これからブログを始めるっていうときに無駄な労力は避けておくべきだろう。とにかく、「なぜ僕はあらゆる物事の本質・理由・価値について考えることが好きなのか」を今は考えたくない。

個人ブログのたいていはそうだと思うが、これも例に漏れず自分のために書くブログだ。役立つ知見を共有したいわけでもないし、そういうのはキイタとかでやればいい。あとアフィリエイトで稼ぎたいわけでもない。

僕がブログをやる最大の理由は思考ツールとして、だ。散歩しながらや、風呂に浸かりながら考え事をするのは楽しい。しかしそうやって漠然と考えていたことが文字を書く過程でクリアになっていくのが、なかなかの快感であることは、多くの先人たちの知ることだろう。薄々勘付いてはいたが、今一歩踏み出せずにいた。

ふたつめはこの無駄な日々を大事に生きるためだ。言うなれば日記である。そうは言っても僕は今までの人生で日記を付けたことがないから単なる予想になってしまうが、人々が日記を書く理由は、毎日を振り返ることで日々の積み重ねを噛みしめるためではないかと思う。逆に何らか日記を書くために活動的になるというのもあるかもしれない。

さいごに、ありきたりだが文章をうまく書けるようになるためだ。この記事を書くにもかなり時間がかかっているし、良い文章がかけたとも思えていない。僕は大した語彙もないし読みやすい書き方も知らない。たくさん書いていく過程でなんらか見えてくるだろう。見えてきてほしい。

ざっとこんなところだろうか。これを投稿すると同時におれのブログは始まる。始める前から黒歴史になっていくことが見え透いているが、そんなこと今は気にするまい。僕の書きたいように書いていくだけだ。黒歴史になったときに恥を知ればいい。