ハイパーモラトリアム

日々をだいじに

映画#2 人生フルーツ

注) ネタバレはないが、なんなら大した感想もないので未鑑賞で読むべきではないと思う。サウンドに少々批判的な感想

2017年最初の映画はローグワンだろうな、と思っていたけど衝動的に「人生フルーツ」を見に行ってしまった。

映画『人生フルーツ』公式サイト

前置きもなく率直に映画の感想だけど、僕的には正直ウーンという感じだった。素直に見ていったが、なかなか入り込めなかった。素直に見るというのは作品のテーマを感じとりながら話に共感していくような見方だ。いい雰囲気のドキュメンタリーではあった。

しかし、それにしても団地団のトークイベントはめちゃくちゃ良かった。僕は批判的に映画を見る習慣がないものだから、ザクザク切り込んでいくトークは見ものだった。「映画の趣旨から言えばここカットすればもっと良くなるはずでは?」のところなんかかなり共感したし、こういうクリエイター視点での批判を考えながら見るのは良さそうだ。出来るようになりたい。また「私はこういう風にしか見れなかった」という意見も全然気づかなかったのに言われてみればそう見えてくるので、理にかなっていてナルホド、とか思った。トークイベントとセットで見て本当に良かった。実のところ、映画の批判的な見方というのは、「大局的にみて伝えたいテーマがしっかり伝わるなら細かい辻褄が多少違和感があってもそんな重箱の隅突かなくていいでしょ」とか思っていた。考えを改めさせられた。

しかし、今回は僕自身の評価も微妙だったので、批判的評価をすんなり受け入れられた、ということもあるはずだ。感動していたら何言ってんだコイツラという地獄の時間だったに違いない。また、逆に考えればどうもイマイチだったという映画に対しては批判的に見ていくことで楽しめるだろうという、ということに気付かされたわけである。

僕なりに気になった点を上げるならそれはサウンドだった。音楽寄りの人間なので劇伴とか音に関して結構気になる質なのだが、メロディアスな音楽を何度も使い回されるところに疑問を感じた。ある意味「バグダッドカフェ」を思い出したのだが、それと比べるには音楽のかかるシーンに印象付けられるような何かを感じられなかった。次に無音シーンだ。無音になるとそれだけで息の詰まるような緊張感が出てくるが、どうにも映像と無音が合ってないシーンが何度もあった。あとは、樹木希林の同じナレーションが何度も再生されるのも少々くどさを感じたなと。

僕にはあれほど説得力のある批判は出来ないのでこの辺でやめておこう。

ふと「FAKE」の森監督のことを思い出す。大まかに、「ドキュメンタリーは被写体の現実をありのまま映すものではなく、監督のフィルターを通した見せたい現実を映すものだ」というような内容の記事を読んだ覚えがある。トークイベントの内容も、こういった視点から語られていたように思う。僕はなぜか鑑賞中監督という立場がすっかり抜け落ちていた。しかし気になって思い返してみれば、それは映像に監督自身は出てこないから気付かないのであり、そのように仕組んでいるのだった。インタビューしているにも関わらず、監督は映らず喋らず、影に徹する。むしろこれがスタンダードなドキュメンタリーのあり方な気もしてくる。監督が影に徹することで、監督のフィルターに通した現実を、あたかも被写体のありのままであるかのようにみせるのだ。つまるところ僕はドキュメンタリーの表面を追っていたに過ぎなかった。またこうしてみると森監督の作品の異質さが一層際立って見えてきた。

ところで、この作品は元々テレビ放送用のドキュメンタリーだったのだろうか。去年3月に東海テレビで放送されたようだ。映画という枠でみると僕としては微妙だったが、テレビのドキュメンタリー番組として見れば意外と悪くないのではないかと思う。映画として深読みしなければ、素敵なスローライフのドキュメンタリーかもしれない。お茶の間で見るTV番組なら無音も気にならんかもしれん。

以前同じ映画館でみた「モッシュピット」も、映画として見たらちょっと微妙かなという感想を持ちつつも、しかし映像美と臨場感で見たら抜群の作品だったことを思い出した。

この劇場に来るのは二度目だが、もしかしたら”映画”という枠組みで見るよりもっと幅広い"映像"という枠組みで良い作品をチョイスしているのかもしれない。あるいは、僕自身の”映画とはこうあるもの”という価値観が狭く、もっと広げていくべきだとも言えるか。